初日は料理教室からスタート。

初めて伺う料理教室、Mahima Simon先生。

とっても美人さんです!

TVにも出演したり生徒さんもたくさんいらっしゃって日々忙しくご活躍中。
さすがにとっても手際よく、段取りよく、素晴らしい。

いつも午前と午後とレッスンしてるそう。どちらかというと外国人より地元インドのマダムたちに人気があるみたい。

教室は大きなマンションの一室、警備員もいてセキュリティーもしっかりしています。日差しが入るとっても明るいリビングです。


さて、メニューはあらかじめリクエストしていた次の5品。

* Chiken 65
* Fish Biriyani
* Chole Masala
* Bhatura
* Tender Coconut Pudding

もう一度絶対作ろうと誓うくらいどれも美味しいお料理でした!

なかでも「Chicken 65」は絶品!今回はビールにあう一品を極めようと思い、他のシェフにも習ったり、色々なお店を食べ歩きをしたりしましたが、Mahimaさんのが断然ナンバー1。ビール好きの私の友人や生徒さんたちにも食べさせてあげたい!しっかり腕を磨かねば。。




~ Chicken 65 ~

一言でいえばスパイスのきいた唐揚げ。チキンはフライする前に数種類のスパイスとビネガーでしっかりマリネ。フライした後、もう一度、スパイスやチリー、ジンジャーなどでサッと炒め、しっとりジューシーに仕上げます。

ビネガーや砂糖の甘みもきいていて、私の感想としてはインドと中華のミックス。それにしてもビールにあう、あう!結構ハマります~




~ Fish Biriyani ~

続いて、まだまだ外せないビリヤニ。昨年のケララではビリヤニを極める為、3人の料理家さんとホテルシェフに習い、その後ひたすら練習を積み重ね、ずいぶん自分なりのビリヤニも出来上がってきました。が、やはり料理家さんによって色々な調理法や工夫がありますね。新たな発見にワクワク。。

ケララでは鰆に似た魚がよく登場します。クセがなく身がプリプリしてとても美味しいです。日本でも鰆で代用がきくので助かる。お魚はスパイスとライム汁でマリネした後、カラッとフライ。

続いて、ビリヤニのグレービー作り。フライしたオイルにオニオンやガーリック、ジンジャーなどを炒めていきます。

数種類のスパイスを加え、味を整え、最後にフライした魚を加えます。

最高にいい香り!もうこれだけで十分美味しそうです。。

バスマティ米は別のお鍋でスパイスで炊き上げた後、お馴染み、ご飯とグレービーを重ねていきます。

Mahimaさんは重ねるときにココナッツミルクを使うのでとってもやさしい風味に仕上がります。

あぁまた食べたい~ につきる。。




~ Chole Masala ~

ひよこ豆がホクホク、トマトとスパイスのソースと相性抜群。あまりスパイシーでないのでサイドメニューにピッタリの一品。

ここではミックススパイス Chole Masala Powder の各スパイスの配分を教えていただく。自身のオリジナル、黄金バランスのミックススパイスを作れるようになりたい。

ホクホクに煮詰めていく。。スパイスだけなく、ドライマンゴやライムなどの隠し味にもひと工夫あり。

ホクホク、ほっこり。あると安心、うれしい一品です。




~ Bhatura ~

セモリナ粉と薄力粉、ギーを練り込み、少し甘みを感じる揚げパン。ぷっくり膨らますテクニック、ちょっと練習が必要かも。日本人が好きなモチモチ食感です。






~ Tender Coconut Pudding  ~

とってもクリィーミー! ココナッツミルクと栄養豊富なココナッツウォーター、牛乳、コンデンスミルクをアガーでトロトロつるりんと。舌触りがとてもなめらか。

そしてトッピングもすごい!

カッシュナッツ、生ココナッツフレーク、粗砂糖とバターを加え、弱火でじっくりゴールデンブラウンまで。サクサク、クリスピーに。。

これ、本当に最高です~。デザート系はなんでもあいそう。


こちらは Cocount scraping ココナッツの実の部分。小さくカットしてプディングに投入。トロンとなめらか、なんともいえない食感に。。

ココナッツたっぷり、南国ならではのパンナコッタですね。




アシストして頂いたAnjuさんと娘さん。


おめめクリクッリ!インドの子供ちゃんはベッピンさん揃い。天使みたいで癒されました^^